【中学受験、やめたい】と言われた後の親の行動(子どもに寄り添う)

【中学受験】子供に「やめたい」と言われたから

こんにちは、ツツジです。

中学受験をしていると、子供から

もう、中学受験をやめたい!

と言われたこと、ありませんか?


そんな時に

✔︎まずやるべき行動は何か


✔︎子供と冷静に話し合うには、どうすべきか


✔︎もし辞めるとしたら、その後の勉強方法(公立中進学)を知りたい

こんな疑問が、出てくると思います。


そして、子供が「中学受験やめたい」と言っても、

本当にやめたいのか

やめたい気持ちを理解してほしいのか

この違いもあると思っています。


*本記事の内容*
  1. 冷静に話をする流れ
  2. 公立中にシフトする勉強法
  3. 娘二人の「中学受験やめたい」の体験談

このような事について書いています。


【本記事を書いている人】

ツツジ
ツツジ

娘が2019年中学受験を終了


苦手科目は偏差値30からのスタート

6年次、偏差値70オーバー(首都圏模試)

現在は中堅の上位校に進学中


中学受験では【集団塾・家庭教師・大手個別指導・自宅学習】と科目ごと色々と経験


長女が中学受験経験と、次女が中学受験を挫折しました。

この手の問題は、何度なく塾の先生と話し合いました。

中学受験終了組の母が答えます。


1、冷静に話し合う

中学受験「やめたい」と 子供が言ってきたら。


子供が受験をやめたいと言った時に、まずは冷静に話を聞くことが大切だと思っています。

親も子供も、まずは感情的にならずに冷静に話し合ってみることをオススメします。


ツツジ
ツツジ

「中学受験にいくらお金かけたと思っているの??」

とある種、感情的になるセリフはここではグッと堪えて。



手順1ー子供の考えを冷静に聞く(できれば家とは違う場所で)


ウチの娘たちは、「受験関係の悩み」を聞くときは家でなく、カフェやファミレスに移動して聞いてみました。

中学受験「やめたい」と 子供が言ってきたら。


というのは、親が感情的になるのを防ぐためです。

子供はどうしても親の顔色を伺い、本音を語りづらくなります。

そのようなことがあり、家とは違う場所で話を聞くようにしていました。


ツツジ
ツツジ

ウチでは普段は、私が受験のサポートをしていました。


しかし、受験の相談は夫にお願いしました。

感情的になりやすい私よりも、夫の方が冷静に話を聞いてもらえると思ったからです。


何が原因で「中学受験をやめたい」のか


結果には必ず原因が伴うものです。

話し合いをすると、子供の考えは甘いと感じることがあるかもしれません。


しかし、ここはどうしてやめたいのか、とことん追求してみましょう。

子供から親の想像を超えた、意外な答えが返ってくることも多いと思います。

  • 友達関係
  • 成績が上がらない
  • 習い事との兼ね合い
  • 精神的に合わない


子供が話し終えた後も、気持ちは変わらないか


受験って日々慌ただしいものです。

親とゆっくりと話せないまま自分の気持ちを抑えている子も多いと思います。

ゆっくりと話すと子供の気持ちも整理がつくと思います。

ここで再度、受験への「やる気」やっぱり「やめる」というのをもう一度聞いてみましょう。



親の気持ちを伝える


一度、どうして「中学受験」をすすめるのか、冷静になって伝えてみましょう。

日頃、伝えているかもしれませんが、話し合いを設けることにより、親の気持ちが「より明確に」子供に響くと思います。


塾の先生と話してみないかと促してみる


塾の先生は子供の「授業の風景」をよく観察してくれています。

親が気がつかない「子供のやる気」を感じてくれているのも塾の先生です。

親との話し合いで、お互いの気持ちを整理させてから、塾の先生と一度話してみましょう。


手順2ー塾の先生と話し合い

中学受験「やめたい」と 子供が言ってきたら。


塾の先生は、「通塾」をすすめるかも知れません。

また一ヶ月だけ「休塾」して、頭をリフレッシュしておいでと言われるかもしれません。

いずれにしても、いつも「子供が頑張っている姿」を見てくれている先生。きっと適切なアドバイスをもらえると思います。


塾には何度も駆け込み、先生に相談にのってもらいました。


塾の先生からは家では見れない「子供の頑張る姿」を聞くことができて、親の私が反省させられました。



手順3ー無理時は良くない


塾の先生との話し合いで「親子の気持ち」に整理が付かない場合。

子供はやめたい。でも親は続けてほしい。


堂々巡りになっても、無理時は良くないと思っています。

子供の精神が、やさぐれてしまう可能性が大きいです。

そして、子供って意外と簡単に自傷行為をします。

子供の気持ちは親以上に繊細なので、ここは子供と寄り添うのが一番だと思います。

次女がそのような自傷行為していました。


それを知ったときは、すごくショックでした。


2、今後の勉強方法

中学受験「やめたい」と 子供が言ってきたら。


ここで受験を辞めるにしても「勉強は続きます」

子供の気持ちが落ち着いたら、少しずつ公立中に向けてシフトしましょう。

もし中学受験に未練がありそうであれば、少し時間をおくのも有効な解決策だと思っています。


【受験に迷いのある子】

  1. 1教科や2科目だけでも頑張ってみないか促してみる
  2. 転塾してみる
  3. 「休塾期間」を設けて、勉強から距離をおく


【塾を辞めると決めた子】

  1. 通信教育に変えてみる
  2. 英語を頑張ってみる
  3. 習い事を頑張ってみる

上に挙げたのは、一つの例にすぎません。

良くお子様と話し合いを持ってみましょう。

目指すは高校受験。意外と時間はあっという間に過ぎます。

10人がいれば、10人の中学受験のやり方があると思っています。


ぜひ、お子様に寄り添い、お子様にとってどの方法が良いのか一緒に模索したいところです。


3、「中学受験やめたい」体験談

中学受験「やめたい」と 子供が言ってきたら。


ケース1長女:現私立中学2年(小4から中学受験塾に入る)


さて、続いてはウチの娘たちの「中学受験やめたい」体験談です。

長女は自分から中学受験をやりたいと言いました。

小4は順調に伸びていた成績が、5年生で伸び悩みました。

成績が伸びなくなるにつれ、私が厳しくなりました。そんなある日、娘は「やめたい」と言ったのです。

今思えば、私が娘に言わせたようなものです。当時の私は鬼のように、勉強に対して厳しかったですから。

このまま成績が伸びなければ、親に怒られる回数が増える

と、子供ながらに思ったのでしょう。そこから何度もやめるやめないを繰り返しました。

テキストを捨てるよ!と実際に何度も言ったことあるし、小学生の娘には胸に突き刺さる言葉を何度も言いました。

娘が受験をやめると口に出すのは、ある意味当然の結果でした。

塾とも何度も話し合い、一度中学受験を止めることに。

しかし、娘は中学受験をやめたはずのに、計算日記や勉強を無言で淡々と自主的に勉強するのです。

中学受験「やめたい」と 子供が言ってきたら。

本屋に行った時は、過去問をじっくりとみるのです。

これは再開した方が良いと感じ、中学受験を再開しました。

特に5年生の時は荒れに荒れて、何度、塾長に駆け込んだことか。

再開してからは、心を決めたようで、そこから成績も安定・上昇していきました。


ケース2 次女:現小6(小2で通塾)


次女は長女が中学受験の勉強をしているのが、羨ましく感じたのでしょうか。

次女は早くから塾に行きたいと言いました。

小2から中学受験のプレコースのようなものに、通塾していました。

しかし、やってみると、勉強がなかなか続きません。宿題は親に隠れて答えを丸写し、勉強そのものが苦手な様でした。

もともと中学受験というよりも、側で勉強している姉に憧れていただけかもしれないです。

そして、次女の友達は中学受験をする子が少ないのです。

それが尾を引いて、中学受験辞める、ということになりました。

特に勉強嫌いの次女にであれば、「算国だけでも続けてみない?」といいました。

勉強が嫌いな子なので、高校受験の5教科に耐えられそうにないと感じました。

でも、ダメですね。

中学受験「やめたい」と 子供が言ってきたら。

もう、うんともスンとも中学受験はしないと言い張ります。

そんな子にさらに数年継続させるのは無理と判断して、次女の中学受験は小4で終わりました。

私はそこでシフトして、試しに英語を勉強する提案をしました。

英語を勉強するのは苦ではないみたいで、今のところ自分から進んでやってくれます。


長女がよく言います。

勉強は本人のやる気がないと伸びない。


当然なことですが、子供の人生はこれから長く続きます。

いつか本人が勉強のスイッチが入ったときに、親としてサポートすれば良いかなと考えに至りました。


4、まとめ

中学受験「やめたい」と 子供が言ってきたら。


中学受験やめたいと言われてときの、親としての行動をまとめます。


中学受験「やめたい」と言われたら


① 冷静になって子供の話をきく

② 塾の先生と相談する

③ 子供が落ち着いたら、公立中、その後の高校に向けて勉強する




この流れ、当たり前かと思うのですが、親も子も感情的になっているとなかなか正常な判断が付かないものです。

頭ごなしの子供に納得させるのでなく、一度、冷静に話し合いをすることを強くオススメします。


最後に私が参考になった中学受験の本をご紹介します。


こちらには、親子バトルの登場シーンもあり、ウチと同じだ!と何度も読んだ本です。


ツツジ
ツツジ

この本、なぜか値下がりしないんですよ。中学受験界の長年のバイブルだと思っています!


偏差値30からの中学受験(著者:鳥居りんこ)


そしてもう一冊です。

こちらの本も、とても参考になります。

塾に行かずに東大に受かる勉強法(著者:和田秀樹)

アマゾンのコメントが私の気持ちを代弁しているので、こちらに貼っておきます。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

少しはあなたのお役に立てる記事だったでしょうか。

中学受験については、他にも書いているので参考にしてもらえると嬉しいです。