小樽で過ごす女子の旅(デートにもぴったりの風情ある街)北海道旅行記2

小樽 海鮮丼 さんかく亭

こんにちは、ツツジです。

前回記事では小樽のモデルコースをご紹介しました。

小樽 半日 モデルコース小樽|女子旅の日帰り厳選モデルコース(大満足な旅になりました!)北海道旅行記1

本記事では,実際に小樽を観光した内容を、写真多めで記事にします。


*小樽の三角市場に向かう

羽田発が6時半。朝から何も食べずに移動してきたので、もうペコペコです。

さっそく海鮮丼を食べるために三角市場に向かいました。

向かったといっても、小樽駅を出て左側を向けば看板が見えます。

駅から徒歩1分の場所に小さな市場があります。

その狭い市場には、いくつものお店が並んでいました。



あまりにも新鮮な海の幸。思わず、

あ〜本当に北海道に来たんだ!

と幸せな実感をしました。

すごく、もう活きいきとした新鮮な蟹!海の幸!

自宅の冷凍庫をご飯でいっぱいにしていた自分を悔やみました。

次回に来る時は、冷凍庫空っぽにして旅行に向かいたいと思います。

>国内線航空券の最安値*比較サイトはこちらから


【10時】三角市場さんかく亭で海鮮丼

三角市場で私たちが選んだお店は「さんかく亭」

行列が出来ているということでもなく、お客さんが誰もいないということでもなく、程よくお客さんが入っていたので、この店にしました。


お店の情報です。

さんかく亭 https://www.sankakutei.com

営業時間:8時ー17時

定休日 :不定休

連絡先 :080−5724−9212

一人予算:1100円〜

支払い :現金もしくはPayPay。クレジットカードは使用不可


GOTOクーポンは紙クーポンのみ使用可能

小樽駅の入り口から入ると、ちょっと奥の方に「さんかく亭」はあります。


やばいんですけど、この新鮮さ

いま、とってきたの?というぐらいの新鮮さ。

ホタテなんて、もうトロっとろです。海鮮好きの娘は、ほぼ無言で食べ尽くしていました。


んまっ!!この生エビ、まじでうまいわ。

さんかく丼:2100円

小樽へ行ったらもう一度食べたい海鮮丼。

死ぬまでにもう一度、食べたい小樽の海鮮丼。

本当に美味しかったです!


もう一度食べたい北海道のイクラ。フジテレビ嵐の番組「なまあらし」でも紹介されたイクラはこちらです。


北海道産の完熟卵使用!こだわりの【生】 国産 無添加 いくら醤油漬け 200g(約3人前)3600円


【11時】小樽運河までの道を散策

小樽 半日 モデルコース

海鮮丼でお腹がいっぱいになったところで、ゆっくり歩きながら小樽運河に向かいました。

三角市場から小樽運河まではのんびり歩いても10分ぐらいです。


歴史的な建物が点在しているので、それを見ながら歩くのが楽しいです。


明治時代にできた鉄道の跡もあります。


こんな面白いカラオケも。

小樽運河は風が気持ちよく、風情よく、夜だったらライトアップがとても綺麗でデートにもバッチリな場所だと思います。

船の乗船もあります。

しかし、娘たちは小樽運河にはあまり興味がなく、次の食するところへ。


娘たちは、「花より団子」です。

そして、次は小樽へ行ったら絶対に行きたい場所の「かま栄」に向かいました。

旅行にはやっぱり一眼レフを持ってこればよかったと後悔。レンタルもあるので、よかったらぜひ。

一眼レフのレンタルなら【シェアカメ】


【12時】かま栄で出来たて蒲鉾を食す

https://www.kamaei.co.jp

かま栄で出来立て蒲鉾を食べたい

そんな理由を一つに小樽への旅行を決めました。


ちょっとした工場見学も楽しめました。

1番手前でつくっている人が菅田将暉さんに似ている職人さんで、娘とキャッキャしながら、似ているねー。かっこいいねー。なんて言いながら楽しく工場見学しました。


そして、待望の蒲鉾!

(袋から取って写真撮ればよかったとかなり後悔)

もうね、すんごく美味しいの。

これで、ビール飲みたい!

これで、おでん食べたい!

でも、そのままでも、んまい!

有名な蒲鉾店らしく、止めどなくにお客さんが来ていました。

コロナでイートインは一時使用禁止になっていましたが、私たちが行ったときは使用出来ました。


海鮮丼でお腹いっぱいになったのに、またもやペロリと美味しく食べれました。

かま栄 https://www.kamaei.co.jp

駐車場完備。

最寄り駅は、JR南小樽駅、または小樽駅となります(いずれからも同じくらいの距離となりますー徒歩13分ぐらい)。


【13時】小樽の街並み散策

とても綺麗なガラス細工のお店がたくさんありました。

10代の娘たちはガラス細工に釘つけです。


街並みはガラス細工や雑貨屋さん、ルタオ、六花亭などの店舗が立ち並び、どの店に入っても楽しい時間を過ごせます。

小樽旅行、唯一後悔しているのがルタオに寄れなかったこと

ツツジ
ツツジ

つくりたてのフロマージュはどうしても食べたかった!

次に小樽へ行くのであれば、絶対にルタオに寄ってこようと思っています。

人気のルタオ 【ドゥーブルフロマージュ 食べ比べセット】4号 (2〜4名様)


【14時】オルゴール館とキティちゃんカフェ

夜になるとライトアップがとても綺麗。

たくさんのオルゴールがあったので、見ているだけでも楽しめます。フォトスポットもありました。

オルゴール館 https://www.otaru-orgel.co.jp/j_main.html

サイト内では店内の様子が見ることができます。

そして、ちょっと足が疲れたのでオルゴールの向かえにあるキティちゃんカフェに入ってみました。

小学生の娘は大喜び。


さすが、北海道。ラテがとっても美味しい!


【15時】南小樽から宿泊先の新札幌へ

私たちの小樽の旅は、

三角市場で海鮮丼を食べて、小樽運河を見て、かま栄で蒲鉾を食べて、ガラス細工、オルゴールをみて、南小樽駅から札幌へ向かいました。

車を使用せずに徒歩で回れる街並みです。

小樽って馴染みのない地名でしたが、この漫画を読み小樽に旅行してみたいと思いました。

©︎あせとせっけんー山田金鉄

食べ物は美味しく、こんなにも楽しい旅になると思いませんでした。

北海道の航空券は年々、安くなっているので、ぜひ参考にしてもらえると嬉しいです。