MENU
アーカイブ
ツツジ
自分の経験が誰かのお役に立てたら嬉しく思いブログを書いています。

中学受験|子供の勉強|洋服レンタル|日々の雑記


内容はかなりバラバラですが、何か一つでも、あなたの目に留るものがあれば嬉しく思います。

LOVE|映画・本・料理・キャンプ
JOB|法律関係
中学生向け通信教材はこれ!

【中学受験】母親の私が狂気を抜け出せた考え4つ(応援するけど干渉しない)

中学受験 母親 狂気
URLをコピーする
URLをコピーしました!


怒ってはダメと分かっているけど、怒ってしまう

感情的になってはダメだと分かっているけど、感情的になってしまう

中学受験をしていると、ついこんなお悩みってあると思うのです。


私もそうでした。

私は娘が中学受験の時に狂っていました。

半乱狂になったこともあります。


だからこそ、あなたの気持ちがよく分かります。


何度自己嫌悪に陥ったか。

何度母親失格と思ったか。


成績がなかなか上がらないとお子さんでも、実はめっちゃ頑張っている

そばにいるあなたなら、それは十分にわかっている


でも、怒ってしまう


そんなあなたのために書いた記事です


この記事でわかること

狂気を抜け出せた私の考えた方4つ



本記事は少々長めの記事になっています。

PCで見ている方は「右側」に目次
スマホで見ている方は「フッター」に目次

ぜひご活用くださいm(_ _)m



もくじ

中学受験|私が狂気になってしまった理由

中学受験って、一気に成績が伸びる子もいれば、緩やかに伸びる子もいます。

そして、中学受験の内容ってやっぱり特殊です。


小学校の勉強とはかけ離れた、読解・算数の問題・覚えることが多い理科・社会

出典:https://chukou.passnavi.com/student/challenge/1652-195


うちの娘は、算数と社会が得意でしたが、国語はかなり厳しいものでした。

子供の能力を信じたいけど、やってもやっても上がらない国語の成績。



周りとの差が広がり

どうしたら偏差値が伸びるのか

たくさんの本を読んで娘の勉強法は何が違っているのか、日々、試行錯誤していました。


いつまでも成績が上がらない娘に、八つ当たりをしたこともあります。

5年生のときは、私も娘も余裕がなく、いつも喧嘩をしていました。



本当は応援をしたけど、できない母の私。


どうして、娘の友達はすんなりと成績が上がるのに、うちの子は上がらないんだ。


  • 中学受験で家族内が崩壊
  • 中学受験で親が子供を殺人

そんなニュースを見るたびに

「いつか自分もそうなるのではないか」

と他人事には思えませんでした。


このままでは娘を傷つけてしまうと思って、ある時に、以下の4つを胸に刻むことにしました。

  1. 中学受験には関与しない
  2. 子供が産まれた頃を思い出す
  3. お金の余力があるなら集団塾以外を追加
  4. 狂気のあなたでも、子供はお母さんが大好き


中学受験|狂気解決① 中学受験には関与しない

狂気になるのであれば、私は子供の勉強にはできる限り関与しないことにしました。

と言っても、社会は自宅学習をしていたために、どうしも一緒に勉強することに。


社会は一緒に勉強をして、あとは本当に塾にお任せすることにしました。

今までは小テストや模試を必ずチェックしていましたが、一旦はそれもやめました。


狂気になる。もしそうであれば、人間って性格はすぐに変わらないと思うのです。

狂気になるなら、狂気になるものから避ける。


そして、どうも成績が娘の友達を見て気がついた共通点があります。

成績がいい=親子関係が良好

こんな図式が当てはまることが多いと感じました。


大事なのは、勉強している子供の心。

親の顔色を伺いながら、勉強するって良くない。絶対に良くない。


確かに、中学受験は親が関わる受験なので、少なからず親の顔色を伺うってあると思うのですが、

それが激しくなると何のために勉強しているのか、わからなくなると思うのです。


中学受験をしていても、大切なのは、子供の心。


親が狂気になって、子供が自分なりの勉強ができないのであれば、中学受験をやめるか、親が手を引くか。

もう一度、大事なのは、勉強している子供の心。



中学受験|狂気解決② 子供が産まれた時を思い出す

もう、ここまで考えないといけないって結構荒技だと思うのです。


子供が自分のお腹に宿った時、


嬉しさとこれからの不安

でも、この子を絶対に守る

そんな風に感じたと思うのです。


この子を絶対に守る。



この子が成長して、中学受験の道を進んでいる。毎日遅くまで勉強している。

中学受験 メリット


中学受験において、お母さんの仕事は狂気になることではない。

でも自分の手助けがないと、成績が落ちてしまうかもしれない。


でも、狂気になるぐらいなら、もともと子供の実力がないだけかもしれない。



そして、子供ってお母さんを助けるために、産まれてくるらしいのです。

もう狂気になるのは、やめましょう。


中学受験|狂気解決③ お金の余力があるなら集団塾以外も追加


勉強しているのに、偏差値に変わりはなく、成績が動かない。


もしそんなお悩みでお金に余力があるのであれば、個別指導や家庭教師を使った方がいいと思います。


特に個別指導塾はフォローが手厚いので、親のストレスが一気に減ります。

集団塾に追加して、家庭教師や個別指を追加している子供が意外と多くいます。

いや、意外ではありません。6年生の春からどんどんその人数は増えていきます。


そこまでしてでも、子供が志望する中学に入れたい。

傍目から見れば、その光景が狂っていると思う人もいるでしょう。

でも、そう感じる人はそう思わせておけばいい。



志望している学校があるのであれば、極限まで頑張ればいい。

周りの目を気にせずに、使えるものはどんどん使って這い上がればいい。

私はそう思います。



中学受験|狂気解決④ 狂気のあなたでも、子供はお母さんが大好き

あなたが狂気になったとしても、きっとあなたのお子さんは勉強を続けると思うのです。


あなたが狂気になるから、続けると言ってもいいかもしれない。


でも、子供はきっとお母さんのことが大好きです。


お母さんに笑ってほしくて、べんきょうする。

お母さんに喜んでもらいたくて、べんきょうする。

お母さんに褒められたくて、べんきょうする。

小学生で反抗期に突入したとしても、きっとお母さんが大好きなんだと思います。



あなたが関与しなくても、あなたのお子さんなら、きっともう自分で勉強できるはず。


信じましょう、子供の能力を。

信じましょう、子供の本当のやる気を。


最後まで読んでくれてありがとう!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじ
閉じる